ナースの相手に求められる要素

医療機関に勤務するナースの場合、勤務シフトの関係上生活のリズムが不規則で家庭内の雑務が思うようにできないケースが頻繁に見受けられます。そのため、一般企業に勤務する方とは生活のサイクルが大幅に異なり、共有出来る時間も限られてしまう事から、結婚生活に支障を来たしてしまう事もあるのです。

それを考慮した上でナースの結婚相手として相応しいのは、必然的に同業者となります。これは同じ病院に勤務する医師だけではなく、各医療スタッフです。一例として女性看護師の場合は、男性スタッフの多い救急救命士などが理想的な職業の一つとされます。救急救命士は救急車に同乗し、健康状態に問題のある方の心肺蘇生を行ったり、応急処置を施す仕事である事から、職務内容もナースの仕事とも関連性が深くなり、仕事での苦労をよく理解してくれるパートナーとなります。

また、救急救命士は、薬剤の投与や注射、電気療法なども行う事があり、医学的な知識だけではなく、看護技術にも精通している必要があるので、看護師がよきアドバイザーとなるケースも多く見られるのです。そして、医療従事者の悩みは、臨床現場で働く方にしか分からない内容も多く、医療現場で働く同業者ならば悩みについても共感しやすくなる為、結婚相手としては理想的です。救急救命士の多くは、公的な機関に所属する事から、公務員となる事が多く、将来的な安定性にも優れ経済面でも不安が少ないため、看護師に最適です。

同業者が最適だと語ったものの、実際にどんな人と結ばれるかはわからないものです。医療現場で働く人は常に忙しく業務に追われることになります。そんな中で、お互いを思いやれる関係を築くのは簡単なことではありません。どんなに大変でもきちんと話をする時間は取るようにしましょう。気持ちをきちんと伝え合うことが円満な結婚生活に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP