出会いに悩む医療従事者たち

近頃は生涯未婚率の高止まりや晩婚化の傾向が顕著になってきており話題を集めています。

この傾向については、国家としても危機感を強めており、自治体と連携をはかるなどして、さまざまな取り組みをはじめています。具体的には、地方創生の意味合いを込めて、地方において、合コンパーティーなどの企画をするなどしており、並々ならぬ覚悟があることを指し示しています。そんな中において、ナースを取り巻く環境も依然として厳しさが増してきており、なかなか結婚に向けての動きを加速化できないでいるという人の声も聞こえてきています。

そもそも、医療現場においては、出会いが少ないと嘆く人も多いといいます。医師や薬剤師、介護士などの医療従事者に加え、レントゲン技師なども含めた場合に、多くの異性がいるのは事実ですが、なかなか恋愛感情に結び付けることは難しいのが実態のようです。確かに、仕事の現場に結婚相手を探しにいくというのは、本末転倒といえるかもしれません。看護師の立場になると、医師はむしろライバルのような忌まわしい存在になるという話をよく耳にします。明らかな上下関係がある以上、対等な恋愛感情が生まれにくいのかもしれません。

しかし現実的には、医療現場での出会いが結婚に結びついたというケースもあるようです。医師と看護師、医師と患者など、その組み合わせは多岐に渡ります。医療従事者同士が結ばれるのはそう簡単なことではないかもしれませんが、もし結婚できた際にはお互いの仕事を分かり合える最高のパートナーになれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP