離婚率が高い原因

ナースで働いている多くの人が結婚を考えていることでしょう。しかし世間的に偏見に近い見られ方ですがことですが、看護師で働いている人が職場の環境が過酷なため気が強く、また収入もあり、復職も簡単であるために離婚をする率が高いともいわれています。

また、相手が「白衣の優しい天使」のイメージを抱いたまま夫婦になるとギャップが強く、男性が失望してしまうともいわれています。もちろんそれは勝手に抱かれる幻想なので気にしなければいいという見方もできるのですが、結婚を考えるなら少なくとも離婚は当初からする気ではしたくはないもの。子供のことを考えても夫婦仲が良いに越したことはありません。

ではナースと家庭を作っても衝突せずにうまくやっていけるような男性とはどんなタイプなのでしょうか。看護師は労働時間が不規則で過酷な肉体労働でもあります。それを踏まえると、家事や育児が得意な人がよいでしょう。女性の労働に理解がなく、自分が一家の大黒柱気取りの昔ながらの亭主関白な人は衝突の可能性が高くなります。ただ女性の方も相手に求めるだけではなく、自分にはそこそこの収入があるので、相手に年収を求めたりせずに、そこまでの年収がなくとも家庭的で協力的な穏やかな性格の男性を探すのが良いでしょう。

医者との結婚生活を求める人もいるかもしれませんが、医者はさらに高収入であり、仕事も忙しく不定期になりがちです。その場合は自分がひたすら尽くすことになるので、我が強い方は向いていないかもしれません。お互いに尊重しあえ、一緒に収入を合わせてひとつの家庭を築いていける人こそ共同生活をおくる相手に向いているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP